忍者ブログ
ADMINWRITE
命みなぎる新緑の季節となりました。中庭のヤマボウシは、ゆさゆさと若葉を揺らし、白い花をつけています。小鳥のさえずりで目を覚ます朝、あぁ自然の営みのありがたさ、ささやかな日常を過ごしています。
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9]  [10
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

日曜日、オットとムスメ2と市場に行った。
店頭には、地元の港で水揚げされた海の幸が
所狭しとにぎやかに並ぶ。
鮮度を見分けるのが得意でないワタシにも、
放つ色彩の鮮やかさから活きの良さがわかる。
なにより安い、ついあれもこれも欲しくなる。
が、3人家族、食べる量には限度があるので欲張らないでおこう。

ブリ大根は、オットの母の得意料理。
先日から、調理済みのイイダコやなまこやこのわたなどの
珍味をいただき、ありがたくいただいている。
ブリ大根も届けてくれないかな~と都合のよいことを
望んでいたが、なかなかこちらの思惑どおりにはいかないようで
ついぞ届かない。
よほどリクエストしようかと思ったが、
伝えるタイミングを逃し未だ食せずにいる。

他力本願ではいけないのだ。
よ~し!赤々としたブリを目の前にして、
創作意欲?がむくむくとわいてきた。
一皿500円とは、安い。
身を取ったあとのアラとはいえ、味わうに十分な身が
残っている。

聞けば、天然ものだという。
ほどよく脂が乗ってしつこくないので
ゆでこぼしの必要はないらしい。

ワタシ「決めた!ブリ大根つくる」

ムスメ2「大丈夫なん?つくれるん?」

ブリ大根の類いは、おばあちゃんの料理だと信じて疑わないムスメ2。
このワタシにつくれるはずもないと。

一方、料理は目分量と経験、それにカンとコツであると
日々の主婦生活から得た感覚をもとに、
持ち前のチャレンジ精神で挑むワタシ。

大ざっぱな主婦のセンスで、ブリ大根が炊けました~~
臭み消しのショウガも入れました。

PR
ドライブの楽しみのひとつは、車窓から眺める風景。
ご当地ならではの店舗やお店、おもしろ看板などに出会うと
目的地までの道程であるドライブがもっと楽しい時間になります。

安全第一、運転手は運転に集中するのが鉄則ですが
眼球の端に気になる物体(物件)を発見すると、
好奇心がうずうず。


先日、ムスメ1と高岡まで走ったとき
無味乾燥な道路の脇に突如として、童話の世界が現われました。


ワタシ「お城が見えてきたよ、何やろ?」

ムスメ1「ラブホちゃう?」

ワタシ「ありがちやな、、」


ワタシ「農協の倉庫かも!お米を保管しておく」

ムスメ1「・・なんか、工場っぽいで」



「生コン工場!?」


メルヘンな生コン工場でした。

昨日はバレンタイン・デーでした。

こういった季節行事は、商戦が見え見えで
昔ほど乗れなくなくなったのは年齢のせいだけではありますまい。
かたちはどうであれ、相手を思う気持ちがあれば
何も2/14にこだわることはないと思っています。

ところで、恋ともっとも近いところにいると思われる
中高生の間では、ここ数年女子同士の友チョコ傾向が続いています。
お色気ゼロですが、彼女たちはそれで十分なんだとか。
わたしの頃とは、チョコを送る相手もバレンタイン・デーの意味も
様変わりしているようです。

ムスメ1・2(高2・中2)とも 友だち(もちろん女子)に
チョコやパイをもらってご機嫌、ホワイト・デーにお返しするのだとか。
ムスメ1から、いつにも増して絵文字が多用された
キラキラハートメールが届いた。

ジュニアフォトコンテストで賞を取ったという。
それは☆ たいへん☆☆ おめでとう☆☆☆
ワタシもつられて、絵文字過剰メールを返す。


世の中にデジカメなんてものが存在しない10数年前
ちょっと背伸びしてボーナスでイオスを、買った。

随分使ったが、デジタル時代の到来とともに物置入り、
今では骨董品として「成熟」しつつあった。

そんなカメラを、ムスメ1が昨年から使い出した。
雨の降る船上で、自身もカメラもカッパを着て
撮影に臨んだことも よい経験になっただろう。
イオスも喜んでいる。やはり、モノは使ってこそ生きる。

デジカメでさえ、ピンボケ写真しか撮れないワタシには
ピントがどうのこうの、被写体や絞りがどうこうといった
センスも調整も 理解の外にある。

ファインダー越しの風景よりも、肉眼で見ることのほうが
ワタシには合っている。お陰さまで視力もいいし。
決してデジカメを使いこなせないことをひがんではいない。
人とのおつきあいもモノとの出会いも
大切にしたいのは、好きか嫌いかという感覚です。
友人を求めるのも、キッチンのボウルひとつ購入するにも
フィーリングが合うかどうかで選択すれば、
間違いはないと、信じています。

夫婦ですか?もちろんフィーリング最重視ですが、人は変わります。
細胞が最短28日で生まれ変わるとすると、
極論 人間の体なんて数か月で別人になる、ってことデスカ。
でも根幹は変わらないと思うので、夫婦もピピッときた当初の
感覚を温存できていればいいのです(よしとする)。

さて、このところしなければならないという義務感で
ことを進めることが多くなっていて、
これでは先々続かないだろうと物事に対する姿勢を
自分なりに見直しているところです。

地域活動でも仕事でも、うまくいくかどうかを左右するのは
つまるところ人と人との関係。
フィーリングの合う人を見つけ、協同・協働の精神で
進めていくと、一人で動くよりもうまくいきます。

脳みそで考えず、直感で考えると 
悩んでいることに答えが出るのかもしれません。
カレンダー
09 2018/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新CM
(11/03)
(10/31)
(03/18)
(03/18)
(04/12)
最新TB
プロフィール
HN:
ムーン
性別:
女性
職業:
書く仕事 主婦
趣味:
読書 妄想にふける
布の収集 掃除 
ブログ内検索
カレンダー
09 2018/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

Designed by 湯月   Material by ウタノツバサ
Copyright c [ 日日随想 ] All Rights Reserved.

忍者ブログ [PR]