忍者ブログ
ADMINWRITE
命みなぎる新緑の季節となりました。中庭のヤマボウシは、ゆさゆさと若葉を揺らし、白い花をつけています。小鳥のさえずりで目を覚ます朝、あぁ自然の営みのありがたさ、ささやかな日常を過ごしています。
[433]  [432]  [431]  [430]  [429]  [428]  [427]  [426]  [425]  [424]  [423
週末の新聞は着膨れして届きます。
ワタシの密かな楽しみは、住宅メーカーの広告を
チェックすることです。
まだ、家を持つことが夢物語だった昔、週末に届くそれらは
夢を実現させるための参考資料でした(注:あくまで参考)
夢が現実となった今、大きな声では言えませんが
暮らしを確認するための道具とさせていただいています。
(広告のためにもせいぜい活用しなくては、ね。)

地元にはいくつかの住宅メーカーがあります。
中でも斬新さを全面に打ち出して、このところやたら
着工件数目覚ましいE社。

土曜日の朝食どき、黒を基調とした広告に
ある意味釘づけになっているワタシ
ワタシ「見てー、この広告」
ムスメ2「カッコいい~」
ワタシ「そぉ~?? (心外だぁ!そんな答えを期待して
いたのではなーい)」
確かに、S社あたりとは違い、
広告の打ち方で特徴を出そうとしているのはわかるけど。。。

オット「なにこれ!!ウチとまるっきりおんなじやん!」
ワタシ「へっ?? どこが?」
「オット「アイランドキッチンやろ、縁なし畳やろ、ロフトに
     ほら中庭の格子まで」
ワタシ「アイランドキッチンも縁なし畳も、最近では
    表示装備に近づいてるよ(アナタは知らないだろうけど)」

ロフトにしてもS社も採用しているし、そう珍しいことでもない。
このあたり、オットは時代錯誤で困るぅ。

しかし、この格子の中庭は何??
なぜにここに中庭を設ける必要が??
申し訳程度に嵌めこまれた格子戸の先には、
これまた申し訳程度にスペースを割いたとしか考えられない中庭が。
しかも、格子戸の役割が何とも中途半端なんですよね。
CG画面によれば、開けた状態では和室の窓が格子戸に
さえぎられてしまう様子。
よいとこどりして組み合わせたそんな印象が拭えない
それは言い過ぎでしょうか。
あら探ししているわけではないんですが、ね。

にほんブログ村 住まいブログへ
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新CM
(11/03)
(10/31)
(03/18)
(03/18)
(04/12)
最新TB
プロフィール
HN:
ムーン
性別:
女性
職業:
書く仕事 主婦
趣味:
読書 妄想にふける
布の収集 掃除 
ブログ内検索
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

Designed by 湯月   Material by ウタノツバサ
Copyright c [ 日日随想 ] All Rights Reserved.

忍者ブログ [PR]