忍者ブログ
ADMINWRITE
命みなぎる新緑の季節となりました。中庭のヤマボウシは、ゆさゆさと若葉を揺らし、白い花をつけています。小鳥のさえずりで目を覚ます朝、あぁ自然の営みのありがたさ、ささやかな日常を過ごしています。
[230]  [229]  [228]  [227]  [226]  [225]  [224]  [223]  [222]  [221]  [220
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

家族って、何?
生命共同体、社会の最小単位、
血縁関係。。。。
いつも近くにいて何もかも分かり合っている?
近すぎて、逆に見えていない側面もあるかも。
家族の崩壊と再生という重いテーマをあたたかい視点で描いた「幸福な食卓」を観てきました。

ムスメ1(中3)がずいぶん前に
「オススメやから読んでみて!」
貸してくれた原作は、どこにでもあるような日常を綴りながらも、小説全体に父の自殺未遂や母の別居が影を落としていました。深刻な問題でありながら淡々と描かれているために、流れの中で自然に起こったこととしてさらっと受け止めてしまえるのが不思議でした(これこそが作家の技量なのでしょう)。
映画の中でも、このシーンは伏線となっているのですが、小説同様描き方がごく自然でいい意味で生々しさを感じませんでした。

映画の中で印象に残ったのは
「家族なんだから、もっと甘えていいんだよ」
という台詞。
家族なんだから、本当の自分をさらけ出していい。感情をセーブしないでもっと体当たりでぶつかって大丈夫。
家族は選んでなるものではない。子どもは親を選べない。親も子どもを選べない。恋人や友だちとは壊れたら白紙に戻すことだってできる。でも家族は、そう簡単に壊れたりしない。だから恐れずに素直な自分を出していい。

映画では、家族揃っての食卓シーンがキーポイントとなっています。家族で囲む食卓、そこに家族を家族たらしめる原点があるように思いました。
あったかい気持ちで映画館を後にしました。

にほんブログ村 住まいブログへ
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
06 2018/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新CM
(11/03)
(10/31)
(03/18)
(03/18)
(04/12)
最新TB
プロフィール
HN:
ムーン
性別:
女性
職業:
書く仕事 主婦
趣味:
読書 妄想にふける
布の収集 掃除 
ブログ内検索
カレンダー
06 2018/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

Designed by 湯月   Material by ウタノツバサ
Copyright c [ 日日随想 ] All Rights Reserved.

忍者ブログ [PR]