忍者ブログ
ADMINWRITE
命みなぎる新緑の季節となりました。中庭のヤマボウシは、ゆさゆさと若葉を揺らし、白い花をつけています。小鳥のさえずりで目を覚ます朝、あぁ自然の営みのありがたさ、ささやかな日常を過ごしています。
[442]  [441]  [440]  [439]  [438]  [437]  [436]  [435]  [434]  [433]  [432
火災警報器設置義務の期限が近づいてきた。
回覧板で、確か5月末だったと確認済みだ。

そろそろ注文しなくては
火災から命を守るためとはいえ、注文も設置も面倒だなぁ。

聞くところによると、行政側は設置したかどうかを各戸
調べるのは容易でなし、
市民側も危機感薄く、設置は滞っているようだ。
それでも、ついこの間輪島で起こった悲惨な火災を思えば
数分の差で幼い命が助かったかもしれない、と無下に無駄な
義務でもないとも思う。

そもそもといえば、火を扱うことを許された人間である以上
始末をすることは責任としてついて回る。
言いかえれば、始末ができないものに火を使う権利はない。
それができないから、できる人ばかりではないから
こんな規制がかけられるのだ。

杞憂が頭をかすめる。
家の前に落ちているタバコの吸い殻、我が家は道路沿いで
バス停の前とあって、バス待ちの人かクルマからのポイ捨てか
犬の散歩の人なのか犯人は不明だが、
ともかく割れ窓理論に倣って敷地内はもちろん家の周囲も
空き缶拾いをして目を光らせていることをそれとなく
周知してはいるが、単にとり取り越し苦労であることを願う。

薪ストーブを使っている我が家では、普段、火は怖いものではなく
むしろ安らぎと暖かさをもたらしてくれる冬の中心的存在だ。
火の怖さは、人間の管理能力を超えて暴走することにある。
薪ストーブは、常に家族の誰かが管理しているから暴走などしない。

管理能力の欠如を法で規制しなければならない現実って
どうなんだろう。

にほんブログ村 住まいブログへ

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新CM
(11/03)
(10/31)
(03/18)
(03/18)
(04/12)
最新TB
プロフィール
HN:
ムーン
性別:
女性
職業:
書く仕事 主婦
趣味:
読書 妄想にふける
布の収集 掃除 
ブログ内検索
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

Designed by 湯月   Material by ウタノツバサ
Copyright c [ 日日随想 ] All Rights Reserved.

忍者ブログ [PR]